ビタミンCとビタミン誘導体の効果

肌を健やかに保つためには、数多くの栄養素が必要です。

身体にとって特に重要な栄養素の中に、コラーゲンとビタミンCがあります。

両者とも健やかな肌を保つために必要不可欠な成分であり、充分な量を摂取することで肌の潤いや美白などの効果を期待できます。

必要な栄養素を摂取することに加え、毎日深い睡眠をとることも重要です。

いくら必要な栄養を取っても、生活習慣が乱れていては、せっかくの効果も薄れてしまうからです。

ビタミンCの肌への影響

ビタミンCを多く含む食物といえば、レモンを思い浮かべる方も多いかもしれません。

他にも赤ピーマン、パセリなども、多くのビタミンCを含んでいます。

ビタミンCの働きの一つに、コラーゲンの生成を助ける作用があります。

コラーゲンは滑らかな肌を作るのに欠かせない栄養素で、血管や粘膜、骨を形成するために必要です。

ビタミンCは免疫機能を高め、アレルギーなどを改善する効果もあります。

他にも疲労回復や、ストレスの解消などにも役立ちます。

免疫力を高める効果

風邪の時にビタミンCが有効だと言われるのは、ウイルスに対する抵抗力を高める効果があるからです。

水溶性なので摂取しすぎても身体から排出されてしまうので、過剰摂取の危険は少ないといわれています。

生の野菜や果物などで摂取するのが望ましいですが、充分な量を取ろうと思えば、多くの量を食べる必要があります。

手軽に取りたい場合は、サプリを利用することもできます。

ただサプリに頼りすぎて、栄養バランスが偏ってしまってもいけません。

優れた抗酸化作用

日々の生活のなかで私たちの身体は、絶えず酸化の危険に晒されています。

特に紫外線などによって肌が酸化すると、ストレスを受けた肌はシミやくすみなどを作ります。

抗酸化作用とは「細胞の酸化を食い止める」ということになります。

つまりビタミンCは紫外線やストレスによって酸化した身体を、正常に戻す働きがあるのです。

ビタミンC誘導体とは?

ビタミンC誘導体とは、体内の酵素に反応してビタミンCに変わるもののことです。

ビタミンCは水溶性で壊れやすいので、化粧品などでそのまま使用しようとすると、皮脂に遮られて、内部まで浸透しません。

そこで、ビタミンC誘導体を利用し、肌の奥深くまでビタミンCを届けることが重要なのです。

ビタミンC誘導体には、水溶性と油溶性、水溶性と油溶性を合わせもつものがあります。

リン酸ビタミンC(AP) は水溶性のビタミンC誘導体の一つです。

主な効果として皮脂の分泌を抑え、コラーゲンの生成を助けることが挙げられます。

ニキビ跡や色素の沈着にも一定の効果があります。

アスコルビルエチルは、水溶性のビタミンC誘導体の中で、唯一酵素を必要とせず、優れた美白効果を持ちます。

ビタミンC誘導体は、綺麗な肌を保つために欠かせない栄養素です。

化粧水を選ぶ時は、これらのことを意識し、自分の肌に最適なものを選ぶと良いでしょう。

関連記事

関連記事がありません。